ここから本文

現在位置:トップページ > 研究会活動 >海外の人体寸法・体型DBの利用に関する研究会

海外の人体寸法・体型DBの利用に関する研究会(2010年度新設)

日本企業の海外進出にともない、海外の人体寸法・体型に関するデータを入手し海外向け製品開発などに利用したい、という企業のニーズが増えています。人間生活工学研究センターでは、これまで、海外の人体寸法の研究者との交流を通じて、いくつかの人体寸法データブックを入手してきました(現在、東京事務所にて閲覧していただくことができます)。しかしながら、システマティックな取り組みではなかったため、収集できた国が限られている、また、内容にあいまいな箇所があっても解決できないなど、企業のニーズに十分対応できていない状況です。
現在、国内では、産業技術総合研究所(産総研)デジタルヒューマン工学研究センターが、海外の研究者との技術交流を通じて、海外の寸法・体型データを入手する取り組みを始めています。また、ISOでは、日本が主導し、各国の人体寸法計測結果をまとめたテクニカルレポートが発行されています(ISO TR7250-2)。

これらを背景として本研究会では下記の活動を行います。

(主査 一般社団法人人間生活工学研究センター 畠中 順子)

お問い合せ先

一般社団法人人間生活工学研究センター 研究会活動
電話:03-6809-2250 FAX:03-5405-2143