ここから本文

現在位置:トップページ > 技術支援 > 人間生活工学研究センターの3つの強み

人間生活工学研究センターの強み

人間生活工学研究センターでは、下記の強みを駆使して、お客様の人にやさしいものづくりのサポートを行います。

1. 人間(ユーザー)中心設計技術を持っている
人間(ユーザー)中心設計技術は「使う人の立場になって製品を設計する」という技術です。すなわち、製品の使われ方などをよく知り、より使いやすいものとは、人間のどのような特性(行動、生理、心理など)との関わりがあるか?ということを知った上で、より使いやすい製品を設計する技術です。
当センターでは、人間中心設計技術を使って人にやさしい製品開発をお手伝いします。

3つの計測を表した図

2. 人間特性に関するデータベースを持っている
製品の使いやすさを評価するときやその結果に基づいて製品を設計するときには、人に関する様々なデータが必要になります。例えば、身体の寸法や動く範囲などの形動態データ、見える・聞こえるなどの知覚データ、ストレスや疲労などの生理データ、日常生活の様々な場面における人の行動に関するデータや記憶力などの認知に関するデータです。
当センターでは、数多くの人間特性に関するデータを保有しています。これらのデータを駆使して科学的、工学的な設計をお手伝いします。

 

 お問い合せ先