人材育成

講座「人間生活工学」

人間生活工学入門-
人にやさしいものづくりに取り組むために【大阪】

講師

一般社団法人 人間生活工学研究センター 事務局長 畠中 順子

学習内容

ユニバーサルデザインという言葉が象徴するように、「人にやさしいこと(人間生活親和性)」が、一段と重要な製品品質となってきています。この講座ではその「やさしさ」の考え方を学び、商品事例を通じて、人間生活工学が新製品開発の鍵となっていることを学びます。また製品のユーザビリティ評価・設計について、その実践方法と、企業における具体的な進め方の基礎を概括的に学びます。最近の新しい動きとして、UX(User Experience)や感性の活用などについてもご紹介いたします。
1.「人にやさしいものづくり」が必要となってきた時代トレンドについて学ぶ
2.人間生活工学技術が「人にやさしい」新製品開発に寄与することを学ぶ
3.商品事例研究を通じて「人にやさしい」製品開発の着眼点と方法論(進め方)の概要を学ぶ

講義項目

1.「人にやさしいものづくり」の時代背景
2.「人にやさしい」の意味
3.人にやさしいものづくりの進め方~プロセス、手法、人間特性データ~
4.製品安全(誤使用防止)と人にやさしいものづくり
5.人にやさしいものづくりの製品事例
6.人にやさしいものづくりに関する最近の話題
7.まとめと質疑応答

この講座を受講した方の到達目標

1.「人にやさしいこと(人間生活親和性)」品質の重要性を説明することができる。
2.生活特質からの使いやすさ要求と、商品企画について説明することができる。
3.人にやさしいものづくりの進め方について説明することができる。
4.ユーザビリティ設計を推進するための組織的取り組みの必要性について説明することができる。

テキスト

『人間生活工学商品開発実践ガイド ㈱日本出版サービス 定価:1,944円(税込)』
ご希望の方は、当日こちらでご用意いたしますので、お申し込みの際に必ずテキストの有無をお書き添えください。テキスト代は受講料と共にご請求申し上げますので、お振り込み下さい。

日時・時間数 2018年5月16日(水)13:00~17:00 4時間
場所 大阪駅前第4ビル 10階 CUBE A会議室
受講料 1名につき、17,280円(税込)
定員 12名
講義形式 講話

↑