人間生活工学とは、「安心・安全・快適・健康・便利」を実現するための”ものづくり”の考え方と技術です。

一般社団法人 人間生活工学研究センター(HQL)

  • お知らせ|一般社団法人 人間生活工学研究センター(HQL)
  • お問い合わせ|一般社団法人 人間生活工学研究センター(HQL)
  • サイトマップ|一般社団法人 人間生活工学研究センター(HQL)
認証の申請|一般社団法人 人間生活工学研究センター(HQL)
認証の申請|一般社団法人 人間生活工学研究センター(HQL)
認証の申請|一般社団法人 人間生活工学研究センター(HQL)

認証製品|一般社団法人 人間生活工学研究センター(HQL)

  • rakunie(ラクニエ)2015年モデル

    メーカー名: 株式会社モリタホールディングス

    認証番号: 第13510102号

    ディスクリプション
    ・腰が楽
    ・日常動作を邪魔せず、深く前屈したときだけ腰をサポート
    ・前屈時の伸びを利用したサポート
    ・前屈に伴う背面伸びを利用した弾性材張力でサポート
    ・前屈時のみ筋をサポート
    ・サポートと動きやすさを両立するクロス構造
    ・筋肉への負担の軽減を実証
    ・腰部負担の軽減
    人間生活工学的機能の名称
    必要時のみ発揮する,腰部サポート機能
    製品説明
    ラクニエは,前屈みの姿勢を取ることが多い方を対象とした腰部サポートウェアです。ラクニエは、背中に配置された弾性生地が、前屈みの背中の伸びに合わせて伸びることで張力が発生します。この張力がサポート力となり、筋肉を補助することで腰の負担を小さくします。
    ラクニエ(2015年モデル)は、既認証のラクニエ(2012年モデル)とサポート機能は同等ですが、ユーザーアンケート結果を反映して、大幅な着脱性の向上を実現し、さらに、椅子に座る時などサポート力が不要な場合、お尻のバックルを外すだけで、サポート力を解除することができるようになりました。また、サイズ範囲を見直すことで、男女兼用の4サイズ展開になりました。
    申請書PDFをダウンロードする
    認証製品|一般社団法人 人間生活工学研究センター(HQL)
    ラクニエ(2015年モデル)は、サポート力解除機構の付加により、人間生活工学的機能「日常動作を邪魔せず、深く前屈したときだけ腰をサポート」の『日常動作を邪魔せず』という点をより向上させました。
    実用評価により、既認証のラクニエ(2012年モデル)と同等の、前屈時の筋負担軽減効果があることを確認しました。
rakunie(ラクニエ)2012年モデル

メーカー名: 株式会社モリタホールディングス

認証番号: 第13510100号

ディスクリプション
・腰が楽
・日常動作を邪魔せず、深く前屈したときだけ腰をサポート
・前屈時の伸びを利用したサポート
・前屈に伴う背面伸びを利用した弾性材張力でサポート
・前屈時のみ筋をサポート
・サポートと動きやすさを両立するクロス構造
・筋肉への負担の軽減を実証
・腰部負担の軽減
人間生活工学的機能の名称
必要時のみ発揮する,腰部サポート機能
製品説明
ラクニエは、介護従事者や農作業者など、前屈みの姿勢を取ることが多い方を対象とした、これまでにない新しいタイプの腰部サポートウェアです。
背中に配置された弾性生地が、前屈みの背中の伸びに合わせて伸びることで張力が発生します。この張力がサポート力となり、筋肉を補助することで腰の負担を小さくします。加えて、弾性生地の配置を工夫することで、前屈み時のみサポート力を発揮し、それ以外の動作を邪魔しないように配慮しました。
また、各部で立体形状を採用し、生地と皮膚の伸縮方向を合わせることで、サポート力による圧迫や食い込みを避け、まるで着けていないような自然な着用感を目指しました。
申請書PDFをダウンロードする
認証製品|一般社団法人 人間生活工学研究センター(HQL)
ラクニエは、「腰への負担が大きい前屈みの姿勢時のみ腰をサポート」し,「日常的な動作を邪魔しない」ことを目指して開発しました。
まず、 「腰への負担が大きい前屈みの姿勢時のみ腰をサポート」のために、背中に沿って弾性生地を配置し、サポートが不要な直立姿勢では弾性生地がたるむように設計しました。これにより、前屈みに伴う背中の伸びに応じたサポート力が発生します。
次に、「日常的な動作を邪魔しない」ため、背面の弾性生地をクロス状に配置しました。これにより、腰を捻った時などには余分な力が発生しません。さらに、一日中違和感なく着用できるように、前屈み時の最大サポート力を不快に感じない大きさに設定しました。
腰の負担軽減効果の裏付けとして、ラクニエ着用中の荷物持ち上げ動作時の筋肉活動量(筋電位)を評価しました。
この結果、何もつけていない状態と比較して、背筋で平均14%,太もも裏側の筋で平均10%減少することを実証しました。

コメントをご投稿いただく前にお読みください。

下記にご同意いただいた上で、投稿くださいますようお願いいたします。
  • 1.当サイトでは、認証運営団体へのご意見、ご感想を受け付けます。
    認証された機能、ディスクリプションへのご意見、ご感想、またこれらの使用感とのギャップなどもお寄せください。認証制度に関するコメントもお待ちしております。
  • 2.製品の使い方、故障、修理に関するお問い合せは、各メーカーへ直接お問い合せください。
  • 3.受け付けたご意見、ご感想は、運営側で内容確認の上、公開致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2019 HQL ALL Rights Reserved