人間生活工学とは、「安心・安全・快適・健康・便利」を実現するための”ものづくり”の考え方と技術です。

一般社団法人 人間生活工学研究センター(HQL)

  • お知らせ|一般社団法人 人間生活工学研究センター(HQL)
  • お問い合わせ|一般社団法人 人間生活工学研究センター(HQL)
  • サイトマップ|一般社団法人 人間生活工学研究センター(HQL)
認証の申請|一般社団法人 人間生活工学研究センター(HQL)
認証の申請|一般社団法人 人間生活工学研究センター(HQL)
認証の申請|一般社団法人 人間生活工学研究センター(HQL)

認証製品|一般社団法人 人間生活工学研究センター(HQL)

メーカー名: マツダ株式会社

認証番号: 第13440100号

ディスクリプション
・運転中に扱う情報を「走行情報」とそれ以外の「快適・利便情報」に明確に分けることで、確認時の迷いを少なくしています。
・視線を下方に大きく動かすことなく情報を確認できます。
・腕を自然に下した位置に設置し、手元を見ずに操作できます。
・視線の移動と眼の焦点調整が最小限で済みます。
人間生活工学的機能の名称
・運転に集中できる「ヘッズアップコクピット」コンセプトに基づく新世代HMI
・判読しやすく視線移動が少ない7 インチセンターディスプレイ
・ブラインド操作を実現するコマンダーコントロール
・視線移動を最小限にするアクティブドライビングディスプレイ
製品説明
ナビゲーションのルート案内、多彩なメディアが楽しめるオーディオなど、快適なドライブを支える機能の多様化やモバイルの普及によって、クルマの中の情報量は増えつつあります。
それらの表示を読み取ったりすることに気を取られてしまっては、安全で楽しい運転ができません。マツダは、利便性の機能を高めながらも、運転に集中でき、安全に走りを心から楽しめることを最優先。
さまざまな情報を自在に活用しながら、気持ちよく安全にドライブを楽しめる「ヘッズアップコクピット」を採用しました。
申請書PDFをダウンロードする
認証製品|一般社団法人 人間生活工学研究センター(HQL)
新型マツダアクセラの「ヘッズアップコクピット」は、運転中に扱う情報を「走行情報」とそれ以外の「快適・利便情報」に明確に分けることで、確認時の迷いを少なくしています。
具体的には、車速やウォーニングなど「走行情報」はドライバーの正面のゾーン(アクティブ・ドライビング・ディスプレイ)に表示。ナビゲーションやインフォテイメントなどの「快適・利便情報」は、ダッシュボード上の7インチWVGAセンターディスプレイに集約しています。
情報をより見やすく識別しやすいようにフォントのデザインや大きさ、行間などにもこだわりました。また腕を自然に下ろした位置に、手元を見ずに操作できるコマンダーコントロールを設置し、安定した姿勢で直観的に簡単に操作できるようにしています。
こうしたアプローチの設計結果は、実車を用いた評価を行い、検証しました。

・2016年6月7日、認証製品の変更が承認されました。変更後の機種名は次の通りです。マツダアクセラ(機種名:15S PROACTIVE、15XD PROACTIVE、15XD L Package、22XD PROACTIVE、22XD LPackage、 HYBRID-S PROACTIVE、HYBRID-S L Package)

コメントをご投稿いただく前にお読みください。

下記にご同意いただいた上で、投稿くださいますようお願いいたします。
  • 1.当サイトでは、認証運営団体へのご意見、ご感想を受け付けます。
    認証された機能、ディスクリプションへのご意見、ご感想、またこれらの使用感とのギャップなどもお寄せください。認証制度に関するコメントもお待ちしております。
  • 2.製品の使い方、故障、修理に関するお問い合せは、各メーカーへ直接お問い合せください。
  • 3.受け付けたご意見、ご感想は、運営側で内容確認の上、公開致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2021 HQL ALL Rights Reserved