人間生活工学とは、「安心・安全・快適・健康・便利」を実現するための”ものづくり”の考え方と技術です。

一般社団法人 人間生活工学研究センター(HQL)

  • お知らせ|一般社団法人 人間生活工学研究センター(HQL)
  • お問い合わせ|一般社団法人 人間生活工学研究センター(HQL)
  • サイトマップ|一般社団法人 人間生活工学研究センター(HQL)
認証の申請|一般社団法人 人間生活工学研究センター(HQL)
認証の申請|一般社団法人 人間生活工学研究センター(HQL)
認証の申請|一般社団法人 人間生活工学研究センター(HQL)

認証製品|一般社団法人 人間生活工学研究センター(HQL)

メーカー名: 株式会社セイバン

認証番号: 第22540100号

ディスクリプション
・成長に合わせて背中にフィットし、接触面積を増やすことで違和感を解消する。
・成長に合わせて背中にフィットし、痛みが和らぐ。
・首元から脇下までの痛みを和らげる。
・背負ったまま簡単に身体へ密着させることができる。
人間生活工学的機能の名称
・パーソナルフィットする背あて
・負荷軽減する背あて
・負荷軽減肩ベルト
・背負ったまま調整可能ベルト
製品説明
小学校へ通う児童(6~12歳)向けのランドセルです。
子どもの身体に「フィット」するよう設計されたランドセル「スゴ楽」。成長する子どもの背中に沿う背あて形状、身体に接触する部分の当たりを良くした肩ベルト、背負ったまま簡単に調節できる下ベルト、これらによって背中の痛み・違和感を軽減します。
申請書PDFをダウンロードする
認証製品|一般社団法人 人間生活工学研究センター(HQL)
近年、ゆとり教育の終了により授業量が増え、登下校時の教科書の重さは、小学1年生の平均で3.7㎏、小学6年生の平均で5.4㎏にもなり、ランドセルを背負ったときの子どもの肩や背中への負担が懸念されています。
そこで、成長に合わせて背中にフィットし、接触面積を増やすことで、背中の痛み、違和感を軽減させるランドセルを開発しました。
子どもの背中、首元から脇下までの3D形状計測を行い、フィットする背あて、肩ベルトを設計しました。また肩ベルトは、子どもが背負ったまま自分で簡単に身体へ密着させられるよう、器具の調節しやすさを検証しました。

コメントをご投稿いただく前にお読みください。

下記にご同意いただいた上で、投稿くださいますようお願いいたします。
  • 1.当サイトでは、認証運営団体へのご意見、ご感想を受け付けます。
    認証された機能、ディスクリプションへのご意見、ご感想、またこれらの使用感とのギャップなどもお寄せください。認証制度に関するコメントもお待ちしております。
  • 2.製品の使い方、故障、修理に関するお問い合せは、各メーカーへ直接お問い合せください。
  • 3.受け付けたご意見、ご感想は、運営側で内容確認の上、公開致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2022 HQL ALL Rights Reserved