ここから本文

現在位置:トップページ > 人間生活工学研究センターとは > 沿革

沿革

1991年1月
センター発足
1991年3月
「人間感覚計測応用技術」研究スタート
1992年6月
人体計測キャラバンスタート
1993年4月
身体機能データベースの構築に関する調査研究スタート
1993年9月
人体計測データ提供開始
1994年6月
ISO/TC159/SC3事務局受諾
1994年11月
ISO/TC159/SC3総会を大阪で開催
1995年2月
国際シンポジウム「人間生活工学サミット」を大阪で開催
1996年3月
電子メールニューススタート
1996年4月
HQLホームページ開設
1997年8月
視覚機能計測スタート
1998年3月
講座「人間生活工学」スタート
1998年8月
人間感覚データベース構築モデル事業実施
1999年3月
「人間感覚計測応用技術」研究終了
1999年4月
「高齢者身体機能データベース」公開
1999年7月
「ユーザビリティ・サポート・チーム」発足
1999年10月
「人間行動適合型生活環境創出システム技術」研究スタート
2000年1月
高齢者のIT利用特性データベース構築等基盤設備整備事業開始
2000年2月
高齢者製品設計支援システム等開発実施
2000年6月
高齢者対応基盤整備研究開発実施
2000年7月
季刊誌「人間生活工学」創刊
2002年6月
「高齢者対応基盤整備データベース」公開
2004年3月
「人間行動適合型生活環境創出システム技術」研究終了
2004年4月
「人間特性基盤整備事業」スタート
2004年4月
「石油プラント保守・点検作業支援システム技術」スタート
2004年12月
「ワークショップ人間生活工学」発刊
2005年6月
定款変更
2008年4月
定款変更、新体制スタート
2011年4月
一般社団法人に移行