ここから本文

現在位置:トップページ > 研究会活動 >生活観察と質的研究会第3期

生活観察と質的研究会第3期(2010年度)

社会学の方法として、「質的研究」が注目されています。これは身近な社会現象を観察することにより、人の営みについての深い理解を求め、観察対象とした社会生活の構造仮説を得るものであり、仮説を検証するのではなく、仮説を生成するものと理解されています。この研究会では、生活者を深く見つめる技術として、「質的研究」の考え方や方法論、技法が参考になるのではないかと考え、人間生活工学における「質的研究」を検討することを目標とします。
研究会はゼミ形式とします。6月からスタートで毎月開催(7〜8回開催)する予定です。

(主査 早稲田大学 理工学術院教授 小松原 明哲)

お問い合せ先

一般社団法人人間生活工学研究センター 研究会活動
電話:03-6809-2250 FAX:03-5405-2143